順張り・逆張りとは

(提携サイトの紹介:副業で今一番稼げるオススメは?@副業・副収入ネット)

今日はFX用語である順張り逆張りについて解説します!

順張り・逆張りとは

順張り・逆張りとは、注文するタイミングのことを指します。

順張りは相場の動きに沿ってエントリーする方法です。
逆張りは相場の動きとは逆の方向にエントリーする手法です。つまりこちらは反転を予測して先に注文を仕込んでおくというやり方です。

順張りと逆張りはどちらがいいのか

順張りも逆張りもどちらもメリットデメリットがありますが、セミナーやFXの本などでも初心者にまずおすすめされるのが「順張り」の方です。
順張りは「上がったら買う、下がったら売る」といったトレンドに沿った取引なので、リスクが低くなります。その反面、動き出してからのエントリーでは底値や天井での注文が出来ないのでリターンも低くなります。
反対に逆張りは「上がりそうだから買う、下がりそうだから売る」といった逆に張る方法なので、もし思った結果にならなかった場合のリスクは高い反面、リターンは大きくなります。

FX初心者の方は、始めは「順張り」を意識してトレードした方がよいと思います。
そして注意も必要ですsign03.gif
「順張りのつもりでエントリーしたら、相場はすぐ反転してしまい、あわててすぐ決済した」という経験はだれしもあると思います。ぼくもFXを始めた当初はそんなことを度々やっていましたが、その多くの場合、決済した後にまた反転します。
相場は例えば15分足で見る大きな波のなかに、1分足のような小さい波がたくさんあります。なので15分足で「順張り」と思ったのなら、1分足や5分足など小さいトレンドには左右されない心構えが必要だと思いますdelicious.gif

外為オンラインについて

いまなら口座開設で5,000円キャッシュバック中です!
» 詳しくはこちら

FX入門編の目次はこちら

FXのやり方一覧ページに戻る