指値注文・逆指値注文とは?

(提携サイトの紹介:副業で今一番稼げるオススメは?@副業・副収入ネット)

今回は指値注文・逆指値注文について説明します。

指値注文・逆指値注文とは

指値、逆指値とは聞き慣れない言葉ですが、FXにおいて必要不可欠な注文方法です。

クイックトレードが「今このレートで買う(もしくは売る)」という注文方法に対して、
指値注文逆指値注文は「このレートになったら買う(もしくは売る)」という注文方法です。

指値も、逆指値も「新規注文」の時にも使えますし「決済注文」の時にも使えます。そして、2つを組み合わせて注文することも出来ます。あと、クイックトレードで注文してから後で決済の指値や逆指値を設定したり、途中で変更したりも出来ますsign01.gif

指値注文・逆指値注文

「新規注文」メニューから注文種類の「指値注文・逆指値注文」を選択します。

注文内容

買い注文の場合

指値注文・逆指値注文

現在のレートより「下がってから買う」ために出す注文が指値注文、「上がってから買う」ときは逆指値注文です。
売りポジションを保有しているとき、決済は「買い注文」ですので、同様に「下がってから決済(買う)」が指値注文となり、「上がってから決済(買う)」が逆指値注文となります。

売り注文の場合

指値注文・逆指値注文

現在のレートより「上がってから売る」ために出す注文が指値注文、「下がってから売る」ときは逆指値注文です。
買いポジションを保有しているとき、決済は「売り注文」ですので、同様に「上がってから決済(売る)」が指値注文となり、「下がってから決済(売る)」が逆指値注文となります。

外為オンラインについて

いまなら口座開設で5,000円キャッシュバック中です!
» 詳しくはこちら

FX入門編の目次はこちら

FXのやり方一覧ページに戻る