MACDとは

(提携サイトの紹介:副業で今一番稼げるオススメは?@副業・副収入ネット)

FX初心者のためのクリック証券入門 Vol.37

テクニカル分析MACDについて解説します。
MACD
MACD(マックディ)は移動平均線を応用したテクニカル指標です。

MACDとは

MACDとは、短期と長期の移動平均線の乖離率(かいりりつ=離れ具合)から「買われすぎ」や「売られすぎ」といったマーケットの過熱度合いを判断します。その点ストキャスティクスと同様にオシレーター系とも呼ばれますが、トレンドも同時に見ることができるのでトレンド系と呼ぶ人もいます。

MACDとは

MACD – 買いシグナル

基本的に、
・MACDが0ラインより下でシグナルを下から上に抜いた時
補足的に、
・MACDが0ラインを上回ると上昇トレンド

MACD – 売りシグナル

基本的に、
・MACDが0ラインより上でシグナルを上から下に抜いた時
補足的に、
・MACDが0ラインを下回ると下降トレンド

MACDはもみ合い時よりもトレンドが発生している時に役立ちます!
トレンドがないときはダマシも多いので、ボリンジャーバンド一目均衡表など他のテクニカル指標と合わせて使用するとよいですhappy01.gif

MACDはiPhone、アンドロイドでも表示が可能

MACDはiPhone、アンドロイドでも表示が可能
MACDはクリック証券のiPhoneアプリ「iClickFX」、アンドロイドアプリ「FXroid」でも表示が可能ですicon_wink.gif

クリック証券のプラチナチャートについて

ぼくは普段クリック証券のプラチナチャートを使っています。テクニカル分析に最適ですhappy01.gif
プラチナチャート
» プラチナチャートの詳細はこちら

FX入門編の目次はこちら

» FX初心者のためのクリック証券入門