米雇用統計 結果 2011年3月

(提携サイトの紹介:副業で今一番稼げるオススメは?@副業・副収入ネット)

2011年3月4日の米雇用統計結果はこのようになりました。

米雇用統計 結果

米雇用統計結果と為替の動きをおさらいしたいと思いますdelicious.gif

米雇用統計 結果 2011年3月

まず注目してもらいたいのは米雇用統計の発表前です。
じわじわレートが上がっていったのが見受けられます。これは今回の指標発表に対するトレーダーの期待の表れなのですが、これはこれで上昇トレンドと言えます。今回は50pipsも上昇しました!このような大きな指標の発表前は、期待が加わって(もしくは期待されずに)このようなトレンドが起こることがよくありますicon_wink.gif

さて、問題の米雇用統計結果ですが、22:30に発表がありました。

非農業部門雇用者数

前回:3.6万人
予想:19.5万人
 ↓
結果:19.2万人 [やや弱い結果]

失業率

前回:9.0%
予想:9.1%
 ↓
結果:8.9 % [強い結果]

非農業部門雇用者数は市場予想に近く、失業率は改善されて「強い結果」が出ました。発表直後には急上昇するも、結局レートは下がりました。
この背景には、
・リベア情勢の緊迫
・原油先物価格の上昇
・NYダウの下落
・米国債利回りの低下
・対スイスフランでのドル売り圧力
など、悪材料が重なっている今、失業率の改善は良かったけどさほどドル買いに結びつく理由にはならなかった。というところでしょうか。
結局、50pisほど下がり朝のレートに戻りましたねcoldsweats01.gif

やはり、指標発表直後というのはリスクが高いですね。先月も直後はこのように乱高下しましたし。。
なので、あえて米雇用統計の直後を避けるやり方も時には必要ですdelicious.gif
直後を避けて、指標ツールで情報を入れながらの順張りが一番効率の良い入り方ですね。

米雇用統計の結果などを表示するおすすめ指標ツール

ぼくが使ってるおすすめの指標ツールはこちらです。
» 雇用統計など経済指標速報がリアルタイムで表示

米雇用統計など重要な指標発表時に有利なFX会社

マネックスFXは、スリッページがないので指標発表時もすべりません。
トレール注文にも対応しているので、ぼくは米雇用統計など重要な指標発表時は必ずここを使っています。

↓今ならFX本がもらえるキャンペーン中ですsign01.gif
マネックスFX
» マネックスFXについて詳しくはこちら

※マネックスFXの特徴を書いたブログ記事はこちらです
» FX初心者にはマネックスFX