地震による為替の影響

(提携サイトの紹介:副業で今一番稼げるオススメは?@副業・副収入ネット)

今回の地震による為替への影響を考えてみたいと思います。

地震による為替の影響

地震による為替の影響

まず、地震が発生した3月11日、発生直後は1円近く円売り円安へなりました。
しかしその後は凄い勢いで円買い円高へと向かいました。

なぜ円高になったのか?

地震などの大災害が起こると円が売られ円安へ向かうと思いきや円高へ向かいました。
これには理由があります。

まず、今回この地震により日本の保険会社は巨額の保険金支払いを備える必要があります。
そこで海外へ投資していた資金をレパトリエーション(現金として国内に戻す)して円にしなければならなかったからです。
あと他にも理由が色々推測されています。
日本企業が海外で得た収益を日本に換えたためだったり、国内の投資家や企業が、不測の事態に備
えて外貨建て資産を手元に戻すためだったり、復興を見越した資金・資材の流入や海外からの支援など理由があげられます。

そして極めつけは、阪神・淡路大震災関東大震災の時も円高になったという過去の事実があるから、投資家心理として円高を支持したからでしょう。

阪神・淡路大震災の為替の動き

阪神・淡路大震災の為替の動き

このように、円買い円高になる理由はたくさんあるんですcatface.gif

地震による為替の影響〜今後の見通し〜

G7(先進7か国)による協調介入後は、81円近辺のボックス相場で落ち着いています。
さらなる協調介入への警戒感からドルを買う動きが出ていますが、円買いに向かう力が強い上に、年度末を控えて国内の輸出企業が保有するドル資産を円に替える動きもあり、売買が交錯しています。

円買いの勢いと。ドル買いの協調介入。今後の為替の動きに注目したいです。

FX入門編の目次はこちら

» FX初心者のためのクリック証券入門