一目均衡表の見方

(提携サイトの紹介:副業で今一番稼げるオススメは?@副業・副収入ネット)

FX初心者のためのクリック証券入門 Vol.35

テクニカル分析一目均衡表について解説します。
一目均衡表
一目均衡表は今や世界中のトレーダーが使っていますが、元々は日本人が大勢のスタッフと長い年月をかけて考案したテクニカル指標です。

一目均衡表の見方

一目均衡表は「相場は買いと売りの均衡が破れた方向に動く」という考えの元に考案されたトレンドを判断するテクニカル指標です。

まず、一目均衡表の仕組みから説明します!

一目均衡表の仕組み

一目均衡表は転換線、基準線、先行スパン1、先行スパン2、遅行スパンの5本の補助線から出来ています。

一目均衡表の見方

転換線、基準線…直近の売買レートの相場水準
先行スパン…将来の売買レートの相場水準
遅行スパン…過去と現在のレート比較

そして2本の先行スパンに囲まれたグレーの部分は「」と言います。

一目均衡表の見方は下記のようにたくさんあります。その分あらゆる角度からの分析なので信頼性の高い結果が得られますdelicious.gif

一目均衡表の見方(1)

雲とレートの位置関係でトレンドの方向性を見ます。

・雲がレートより下の時は、上昇トレンド。
・雲がレートより上の時は、下降トレンド。

その他の雲の見方はこちらです。

・雲の幅が広い場合、レートが反転しづらい
・雲の幅が狭い場合、相場が反転しやすい傾向
・雲を作る2つの先行スパンがクロスした場合、レートの反転、トレンドが急激に上昇、下降する傾向がある

一目均衡表の見方(2)

基準線と転換線との位置関係でトレンドの方向性を見ます。

・転換線が基準線より上の時は、上昇トレンド。
・転換線が基準線より下の時は、下降トレンド。
・転換線が基準線を下から上に抜けた時が、買いサイン。
・転換線が基準線を上から下に抜けた時が、売りサイン。

一目均衡表の見方(3)

遅行スパンでトレンドの方向性を見ます。

・遅行スパンが26日前のレートより上の時は、上昇トレンド。
・遅行スパンが26日前のレートより下の時は、下降トレンド。
・遅行スパンが26日前のレートを下から上に抜けた時が、買いサイン。
・遅行スパンが26日前のレートを上から下に抜けた時が、売りサイン。

一目均衡表のなかでも、この遅行線が特に信頼性が高いと言われていますhappy01.gif

三役好転と三役逆転

主な一目均衡表の見方は上記の3つのポイントが上げられます。
そして3つの条件全てが同時に満たした場合を三役好転三役逆転という言い方をします。この時はとても強い売買シグナルとなりますsign03.gif

一目均衡表の設定

クリック証券の一目均衡表の設定は、デフォルトでこのようになっています。

一目均衡表の設定

これは特に変える必要がありません。これが一目均衡表の一般的な設定となります。
是非みなさんも一目均衡表の使い方をマスターしてくださいhappy01.gif

一目均衡表はiPhone、アンドロイドでも表示が可能

一目均衡表はiPhone、アンドロイドでも表示が可能
一目均衡表はクリック証券のiPhoneアプリ「iClickFX」、アンドロイドアプリ「FXroid」でも表示が可能ですicon_wink.gif

クリック証券のプラチナチャートについて

ぼくは普段クリック証券のプラチナチャートを使っています。テクニカル分析に最適ですhappy01.gif
プラチナチャート
» プラチナチャートの詳細はこちら

FX入門編の目次はこちら

» FX初心者のためのクリック証券入門