ストキャスティクスとは

(提携サイトの紹介:副業で今一番稼げるオススメは?@副業・副収入ネット)

FX初心者のためのクリック証券入門 Vol.36

テクニカル分析ストキャスティクスについて解説します。
ストキャスティクス
ストキャスティクスは「買われすぎ」や「売られすぎ」を判断するオシレーター系テクニカル指標です。

ストキャスティクスとは

ストキャスティクスとは、現在の相場が「買われすぎ」「売られすぎ」を判断する指標です。もし買われすぎなら「売りへの転換」が近いことが分かります。つまりストキャスティクスは逆張りのトレード手法です。

ストキャスティクスとは

ストキャスティクスでは、%Kライン%Dライン、そして%Dラインの反応をゆるめたSlow%Dラインで分析します。

0〜100%の縦軸で、30%以下が売られすぎ、70%以上が買われすぎと判断します。

ストキャスティクス – 買いシグナル

・30%より下に%Kラインと%Dラインがある時
・25%より下で%Kラインが%Dラインを下から上に突き抜けた時
・%DラインがSlow%Dラインを下から上に突き抜けた時

ストキャスティクス – 売りシグナル

・70%より上に%Kラインと%Dラインがある時
・75%より上で%Kラインが%Dラインを上から下に突き抜けた時
・%DラインがSlow%Dラインを上から下に突き抜けた時

ぼくの印象ですがストキャスティクスだけではダマシが多いように感じます。
ボリンジャーバンド一目均衡表など他のテクニカル指標と合わせて使用するとより確かな分析ができますhappy01.gif

ストキャスティクスはiPhone、アンドロイドでも表示が可能

ストキャスティクスはiPhone、アンドロイドでも表示が可能
ストキャスティクスはクリック証券のiPhoneアプリ「iClickFX」、アンドロイドアプリ「FXroid」でも表示が可能ですicon_wink.gif

クリック証券のプラチナチャートについて

ぼくは普段クリック証券のプラチナチャートを使っています。テクニカル分析に最適ですhappy01.gif
プラチナチャート
» プラチナチャートの詳細はこちら

FX入門編の目次はこちら

» FX初心者のためのクリック証券入門