米雇用統計 結果 2011年1月

(提携サイトの紹介:副業で今一番稼げるオススメは?@副業・副収入ネット)

2011年1月7日の米雇用統計結果はこのようになりました。

米雇用統計 結果

結論からいうと、今回の米雇用統計結果は弱い結果になり1円近く為替が下がりました。結果をおさらいしたいと思います!

米雇用統計 結果 2011年1月

今月の米雇用統計はさほど変化がなく大波乱とまではいきませんでしたね〜
動く時は2円とか3円とか動きますからicon_eek.gif

弱い結果となり、下がりはしたものの、下げ止まりの要因もありました。予想と結果を見てみましょう!

非農業部門雇用者数

前回:3.9万人
予想:13.5万人
 ↓
結果:10.3万人

失業率

前回:9.8%
予想:9.7%
 ↓
結果:9.4%

民間部門雇用者数

前回:5.0万人
予想:14.5万人
 ↓
結果:11.3万人

非農業部門雇用者数、民間部門雇用者数の方は予想より悪い「弱い結果」となりました。
これがドル安要因になった最大のポイントですが、
失業率の方は、予想より良い「強い結果」となりました。

先月の米雇用統計では全部門「弱い結果」となったので1円以上下がったのですが、今回はそういったこともあって下げ止まったようですねbearing.gif

来月の米雇用統計も注目しましょう!

米雇用統計の結果などを表示するおすすめ指標ツール

ぼくが使ってるおすすめの指標ツールはこちらです。
» 雇用統計など経済指標速報がリアルタイムで表示

米雇用統計など重要な指標発表時に有利なFX会社

マネックスFXは、スリッページがないので指標発表時もすべりません。
トレール注文にも対応しているので、ぼくは米雇用統計など重要な指標発表時は必ずここを使っています。

↓今ならFX本がもらえるキャンペーン中ですsign01.gif
マネックスFX
» マネックスFXについて詳しくはこちら

※マネックスFXの特徴を書いたブログ記事はこちらです
» FX初心者にはマネックスFX