指値とは?逆指値とは?

(提携サイトの紹介:副業で今一番稼げるオススメは?@副業・副収入ネット)

FX初心者のためのクリック証券入門 Vol.11

前回はFX取引の最も基本となる成行注文について書きましたが、今回は指値逆指値について説明します。

指値とは?逆指値とは?

指値、逆指値とは聞き慣れない言葉ですが、FXにおいて必要不可欠な注文方法です。

成行注文が「今このレートで買う(もしくは売る)」という注文方法に対して、
指値注文逆指値注文は「このレートになったら買う(もしくは売る)」という注文方法です。

指値も、逆指値も「新規注文」の時にも使えますし「決済注文」の時にも使えます。そして、2つを組み合わせて注文することも出来ます。あと、成行で注文してから後で決済の指値や逆指値を設定したり、途中で変更したりも出来ます。

指値注文とは

指値注文とは、トレード画面上で表示されている現在の為替レートではなく、今のレートより低く買いたい、もしくは高く売りたいときに指定する注文方法です。

指値注文とは

逆指値注文とは

逆指値注文とは、為替レートが今のレートより高くなったら買いたい、または低くなったら売りたいときに指定する注文方法です。

逆指値注文とは

指値注文、逆指値注文のやり方

クリック証券のWEB取引画面を例に指値注文、逆指値注文のやり方を紹介します。

指値注文と逆指値注文

指値注文と逆指値注文

新規注文画面を表示させます。(新規注文に限らず決済注文でも出来ますが)

1. 注文タイプ

ここでは「通常」を選択します。(「通常」以外でもIFDやOCOなどでも指値、逆指値は出てきますが)

2. 通貨ペア

通貨ペアを選択します。USDJPYとは「米ドル/円」のことです。

3. 売買

売るのか買うのかを選びます。

4. 注文レート

取引画面上のレートを見ながら、注文したいレートを入力します。

指値注文、逆指値注文

BID(ビット)…売るときのレート
ASK(アスク)…買うときのレート
そして、その価格差をスプレッドといいます。クリック証券では米ドル/円は0.8銭固定となっています。

5. 指値/逆指値

指値なのか逆指値なのかを選択します。

【売】の場合、
指値 :Bidが注文レートに達したときに約定。
逆指値:Bidが注文レートに達した時点で成行として執行。
【買】の場合、
指値 :Askが注文レートに達したときに約定。
逆指値:Askが注文レートに達した時点で成行として執行。

6. 取引数量

1万通貨単位をいくら買う(売る)かを決めます。
(2)の通貨ペアを選ぶと、最大で保持できるポジション数が(6a)のところに表示されます。
これは、自分の口座資金と、各通貨の取引証拠金により変わります。
つまり、取引数量は(6a)より小さな数字でなければ注文できません。

7. 有効期限

この注文の有効期限を設定します。特に指定がなければ「無期限」を選択します。
当日限り : 発注した注文が、その日のニューヨーククローズを迎えると失効
週末まで : 発注した注文が、その週末のニューヨーククローズを迎えると失効
無期限  : 発注した注文をキャンセルしない限り有効
日時指定 : 発注した注文が、指定した日時を迎えると失効します。

8. 確認画面へ

確認画面で注文を確定します。

いかがでしょうかdelicious.gif
ここでは新規注文を例にしましたが、指値、逆指値のどちらかは決済注文では必ず設定することがFXの常識です。これがリスク回避にもなるので絶対に覚えましょう!

クリック証券について

↓クリック証券でFXを始めるならキャンペーン中の今がおすすめですdelicious.gif
クリック証券
» クリック証券の詳細はこちら

FX入門編の目次はこちら

» FX初心者のためのクリック証券入門