エンベロープとは

(提携サイトの紹介:副業で今一番稼げるオススメは?@副業・副収入ネット)

FXのテクニカルチャートには移動平均線がよく使われます。

なかでも、移動平均線を利用して「エンベロープ」という線を引くテクニカル分析の手法は、簡単でわかりやすいので紹介します。

エンベロープは、システムトレードの論理にもなることが多いようなので注目されていますよwink.gif

エンベロープとは

エンベロープとは、 移動平均線を上下に乖離(かいり)させた線のことです。
(乖離とは「離れている」という意味で、FXではよく使われる言葉です)

一般的には、25日間移動平均線に、上下5%幅で線を引きます。

エンベロープ

エンベロープ

図でいうと、
上のバンド=25日間移動平均線の+5%
下のバンド=25日間移動平均線の-5%

このようなエンベロープを引きます。

これで相場が「売られ過ぎている」か「買われ過ぎている」かがわかります。
なので、エンベロープを使えば、買い時や売り時を判断するのに役立ちます。

エンベロープの見方

上のバンドに近いほど「買われ過ぎている」
下のバンドに近いほど「売られ過ぎている」

ということが分かります。売買はこの反転を狙います。

【買いシグナル】
下のバンドを上抜けた時

【売りシグナル】
上のバンドを下抜けた時

エンベロープはとても簡単で有効なテクニカル分析ですhappy01.gif

エンベロープを使うならマネーパートナーズ

マネーパートナーズの取引システム「HYPER SPEED」は、豊富なテクニカル分析が予め用意されています。(31種類のテクニカル指標と8種類のチャートタイプ)

豊富なテクニカル指標

豊富なテクニカル指標

選ぶだけでテクニカルチャートが表示されるので、とても簡単です。
もちろんカスタマイズも出来ますよ!

マネーパートナーズで新規口座開設するならキャンペーン中の今がチャンスです!!
» 詳しくはこちら