スローストキャスティクスとは

(提携サイトの紹介:副業で今一番稼げるオススメは?@副業・副収入ネット)

こないだ書いたブログ記事「フォレックス・トレード iPhoneアプリバージョンアップ」内で、iPhoneアプリで使用可能なテクニカルチャートが増えたことを書きましたが、

そのなかに「スローストキャスティクス」というものがありましたのでさっそく使ってみましたicon_razz.gif

スローストキャスティクスとは

スローストキャスティクス

スローストキャスティクス

上の図内の下の方がスローストキャスティクスです。(上は一目均衡表です)

スローストキャスティクスとは、舌をかみそうですが、スロー + ストキャスティクスでスローストキャスティクスです。

このスローストキャスティクスは現在のレートが「買われすぎ」なのか「売られすぎ」なのかを分析する時に使います。

計算式「%K =(当日の終値−n日間の最安値)÷(n日間の最高値−n日間の最安値)×100」

そして、%Kを移動平均化したものが%D(緑のライン)です。

この%D(緑のライン)
70%以上→買われすぎ
30%以下→売られすぎ
というふうに判断します。

こちらを、ストキャスティクスと呼ぶようです。

さらに移動平均期間を長くしたものがS%D(青のライン)で、「Slow」の”S”が付きます。

見方は、%DがS%D(青のライン)
下から上に突き抜けたら→買いシグナル
上から下に突き抜けたら→売りシグナル
というふうに判断します。

図はさっきキャプチャーした最近のものですが、結構当てはまってますよねicon_rolleyes.gif

これはかなり使えます!!smile.gif

フォレックストレードiPalmoについて

フォレックストレードのiPalmo(iPhoneアプリ)は、FX業者で唯一テクニカルチャートが使えます!
» 詳しくはこちら